なぜ今、賃貸より注文住宅を選ぶのか

 

今、あなたが支払っている家賃はいくらですか?

ちなみに、私の新築の家は住宅ローンで月々6万円程です。

全国のファミリー向け賃貸の家賃平均は2019年時点で、7万円弱だそうです。

ですが、新築で一戸建てを建てた人の月々の支払いは、約半数の人が7万円未満で実はあまり大差がありません。

つまり、今あなたの支払っている家賃よりも安い支払いで家が建てられるということです。

 
しかも消費税の上がる2019年10月までに、更に金利が安い今マイホームを手に入れるタイミングとしてはチャンス。

なぜ、金額が同じなら家を建てたほうが得なのか

りゅうじ
旦那

こどもが大きくなったら広い部屋と庭が必要。絶対に家は買ったほうがいいよ。

ゆき

そうね、幼稚園に通いだしてお友達ができたら、家に招待したいしね。

夫婦でこんな会話したことありませんか?

まずは、マイホームを持つことのメリットを考えてみました。
1.あなたの身に何かあっても財産として残せる
2.老後の家計が圧倒的に楽、賃貸は支払いが一生続く
3.将来的に子供に財産として残せる
4.自分好みの内装、外装を決められる
マイホームを持つということは、住宅ローンの支払いが済んだ時点でその家は自分の財産になります。
当然、その後の家計が楽になりますし、あなたの子供に財産として残すこともできます。
万が一、あなたの身に何かあったとしても、住宅ローンなら支払う必要もなくなります。
賃貸では、財産として残すこともできませんし、家賃は支払い続けなければいけません。
数十年先まで同じ額を払うことを考えると、1日でも早く家を建てた方が賢いのです。
 
加えて、マイホームを持つのであれば、あなたやご家族の好きな内装に変えたりすることができるのも大きな魅力です。

とりあえず入手した無料のカタログが良かった

私も当初は賃貸でいいと思っていましたが、結婚や子供ができたことがきっかけでやはり持ち家が欲しいと考えるようになりました。

そこで参考にしたのが、ハウスメーカーの情報がギュッと凝縮してあるカタログでした。
りゅうじ
旦那

今の貯金額で買えるかなぁ・・

ゆき

今の家計で家なんてとても・・

そんな不安が一気に吹っ飛びました!!
 
無料のカタログではありますが、費用相場だったり毎月の支払いのシミュレーション、実際に家を建てた方の生の声を知ることができ、私でも自分の家を持つことができるということがわかりました。
カタログを読んでいるだけで建てたい家のイメージもどんどん膨らみ、夫婦で将来の計画を楽しく話すこともできます。
家づくりの第一歩はまさにカタログの請求からと断言できる、まさに必要不可欠なものでした。

カタログを読まずに住宅展示場に行くのは危険

このカタログを入手する方法としては、
 
①モデルルームへもらいに行く
②工務店から取り寄せる
③カタログ一括請求サイト
 
とはいえ、①モデルルームをやっているのは大手だけですし、②工務店などに依頼した際にしつこい営業をされたりするのも嫌ですよね。
 
具体的に何も決まっていない状態では、プロからすればカモみたいなもんです。
 
そこで今話題になってきているのが、③一括請求サイトからのカタログの取り寄せです。
 
私はLIFULL HOME’S の無料サービスを使ってカタログをまとめてもらいました。

LIFULL HOME’Sを実際に利用した感想

先に結論から言うと、LIFULL HOME’Sは情報量が圧倒的に多く、ハウスメーカー探しはこれだけで十分です。

毎日のようにCMが流れているので知らない人はいないかと思います。
 
1300件以上のカタログから予算・テーマ・エリアの探し方で選べます。
 
ちなみ私は、やはり費用のことが気になっていたので予算からカタログを選びました。
 
必要項目を入力するだけで自分の条件に合ったカタログがすぐに届きました!!
 
驚いたことが、届いたカタログはペラペラなパンフレットではなく、本屋に売っているような立派な冊子だったのです。
 
さらにカタログを取り寄せると、一緒に無料でもらえるものがあります。

貰うだけでも価値がある「はじめての家づくりノート」

これを貰うだけでも価値がある、カタログ請求時の無料特典「はじめての家づくりノート」という全36ページの冊子がダウンロードできます!!

絶対に読んで損はしないと断言できるほど、家づくりに役立つ基本知識やポイントがわかりやすく紹介されています。
 
家づくりはやることが多く頭の中を整理しないと収集がつかなくなるので、このノートに記録をまとめておくと非常に便利です。

まずはあなたの住みたい家をイメージすることが大切

LIFULL HOME’Sのサービスをまとめると、

1 1300種類以上の圧倒的カタログ数
2 自分にあった探し方ができる(予算、人気、エリア)
3 無料なのにすごい「はじめての家づくりノート」
4 簡単にカタログが取り寄せられる
5 すべて完全無料

冒頭でも話しましたが、持ち家の方の住宅ローンの支払額の多くは7万円未満です。

あなたが今、月々6万円以上の家賃を払っているなら、マイホームを持つことも夢ではないのです。
 
まずはLIFULL HOME’Sの無料カタログをチェックしてみることをオススメします!!

『LIFULL HOME’S 無料カタログ』